読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも子どものように

 

春休みに入って1週間が経ちました。だいたい毎日ヨガに通って、サークルのあれやこれやをしていたら1日が終わっている。

今日は、午前中サークルに行って、昼は学校の図書館でぼんやり読書して、夕方は妹がバレンタインに友だちに配るクッキーを焼いていました。40人分のクッキーなのでだいたい天板に6枚くらい。材料をざざっと混ぜ合わせて絞るだけ。高校時代、文化祭に向けて10日くらい連続で大量にクッキーを絞っていたのに比べたらずいぶん楽ちんで、お菓子作りっていい気分転換だなあ、と思っていたのだけど。

学校から帰ってきた妹に感謝されたのが10秒くらいで、何だかそれが無性に悲しくて腹立たしくて、6つ下の妹にすら感謝されたくてしょうがない自分を情けなく思った。子どもかよ、って。

 

再来週くらいに誕生日がやってきて、大人といわれる年齢になる。

もうちょっと余裕、もちたいよね。

 

f:id:masunomachiko:20150213020008j:plain

 (横には片づけていない調理器具たちがごちゃっとなっている)