読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8月19日

1行日記

今日もカレンダーの検品をしていた。

昨日と同じカレンダー。7時間半、同じ作業。

 

肉体労働をしていると、勉強がメインの普段の生活は本当に楽だなあと思う。楽というか甘っちょろい。中学も高校も文化系の部活動をしていたので、貧弱というか身体的な負荷に耐えられないんですね。ちょろいのは私のほうだった。

知的労働がどのようなものなのかわからないし知る機会もあまりないのだけど、就業中、10分おきに時計を見ているようでは将来が心配です。私のことだけど。

 

普段の生活では許されているのに、労働中はしてはいけないことが多いので社会厳しいなあと思う。

  • 作業がつまらなくなってきても音楽を流してはいけない。
  • 辛くても「あー」とか「うー」とか「疲れた」とかこぼしてはいけない。
  • 足がむくんでも靴を脱いではいけない。
  • なるべく顔や体を掻かない。
  • 作業中、横の子と喋ってはいけない。というか不必要なコミュニケーションは控える。
  • が、「ありがとうございます・すみません・お疲れ様です」は必ず言う。

それがつまり、お金を稼ぐということです。(勝手に完結)

 

明日も同じ時間、同じ作業、おそらく同じカレンダー。まるで機械になったように。

1時間に一度のゴミ捨てを楽しみにしている(歩けるから)機械です。