8月31日

お題「ブログ名・ハンドル名の由来」

 

 

大学受験が終わって、毎日が8月31日のような気分だ。

私は思ったことを何でも手帳に書く癖があるのだけど、去年の手帳をパラパラめくると、それはもう目を覆いたくなるような目標が、くだらないものから壮大なものまでたくさん書いてあって、過去の自分がいかに楽観的で夢見がちだったかがよくわかる。そして、それを書いた時の自分がやる気に満ちて楽しそうだったことも。

悲しいことだけど、書いてある目標の多くは達成できていない。やけに丁寧な字を見て、書いた当時を思い返しながら、反省したり、情けなくなったり、切なくなったりする。その一方で、また新しい日々がやってくると思うと、性懲りもなく、あんなことがしたい、こんなふうになりたいと考えている自分がいる。設定した目標が多いほど、こんなはずじゃなかったと落胆する機会も多いことは明らかなのに。

似たような気持ちを、毎年夏休み最終日にも感じていたことを思い出した。

 

◆◆◆

 

有言実行すら危うい私ですが、受験が終わったらブログを書きたいとずっと思っていたので始めてしまいました。

文章を書くのに慣れていないので文体も二転三転するかもしれませんが、よろしくお願いします。

 

読んでいただきありがとうございました。